Contact Form7でコンバージョンを計測する方法

June 01, 2014 Jul 26, 2018

WordPressプラグイン「Contact Form 7」は言わずと知れた無料のフォーム作成プラグインだ。

サイト内にいとも簡単に問い合わせフォームを設置することができる訳だが、設置後は「コンバージョンを計測したい。」ということになるだろう。

そこで今回はGoogle アナリティクスで

「Contact Form 7でコンバージョンを計測する方法」

を、落とし穴と共にご紹介したいと思う。

コンバージョンの計測方法でよく使われる方法は以下の2通り。

  1. アクションフックを使ってイベントをトラッキングする
  2. サンキューページにリダイレクトしトラッキングする

それぞれ紹介していく。

アクションフックを使ってイベントをトラッキングする

スポンサーサイト

こちらはサンキューページを作成しなくても、送信が完了すると、それをイベントとしてGoogleアナリティクスがトラッキングしてくれるというもの。

Contact Form側の設定方法は下記公式サイトで解説されているのでそちらを見て頂きたい。

フォーム送信を Google Analytics でトラッキングする

「そもそもトラッキングのためだけにhtmlでサンキューページを用意する事はナンセンスだ。」というニュアンスがプラグイン開発者のページからも見て取れる。

さて、このサイトでは、Googleアナリティクス側の設定説明がいまいちなので、解説したいと思うが、下記ページが詳しく説明しているようなので任せたいと思う。

[wordpress]Contactform7でサンキューページを作成せずにコンバージョン測定

サンキューページにリダイレクトしトラッキングする

2つ目はサンキューページにリダイレクトしてトラッキングするという方法だ。

こちらも下記公式ページを参考にすると良い。

送信後に異なる URL にリダイレクトさせるには

上記ページにもあるように、サンキューページを作らなければならない理由などないだろう?というのが開発者のご意見である訳だが、実際問題、解説通りにやってもうまくいかないということがある。このページを読んでいるあなたも恐らくそうした人の1人ではないだろうか。

on_sent_okが機能しない

スポンサーサイト

1つには何らかの理由によってon_sent_okというフックがそもそも機能しないということがある。

いくつかの原因が考えられるが、1つには、問い合わせフォームだけデザインを変更する等したために、wp_headとwp_footerをテーマファイルから削除してしまっているケースだ。

その際は、wp_headを</head>の直前に、wp_footerを</body>の直前に挿入することで解決する場合がある。

on_sent_okフックを使うとメッセージが表示されない

別の理由として、他のプラグインが干渉してしまい、on_sent_okを使うと送信後のメッセージが表示されなくなってしまうということがある。

この場合は、干渉しているプラグインを1つ1つ確認していく作業が必要となるが、正直、気が遠くなるような作業に感じられる。

プラグインに原因がない事が分かると今度はテーマファイルのチェックということになるわけだが、こうした作業量を考えると、サンキューページにリダイレクトさせる方が現実的である、と落ち着く人もいるだろう。

RELATED POSTS